うつのお悩みに関するブログ

カウンセラーである私が、双極性障害と一生付き合うと決めて、幸せになるまでの18年間のこと。

私はカウンセラーであると同時に双極性障害を抱える当事者でもあります。悔しいし苦しいのは「一生治らないよ」と診断され理解されない事。幸せになりたい!こいつに人生奪われたまま終わるのは絶対イヤだ!双極性障害は治るのか?うまく付き合いながら幸せになるには?
うつのお悩みに関するブログ

【置かれた場所で咲きなさい】この言葉が嫌いだった理由。

『この子は私だったら育てられると思って、神がお預けになったのだ』一児の母となった今読み返すと、心に沁みわたる言葉の数々ですが、15年前の私(婚約破談の末に両親とのいさかいが絶えず、すさんだ心で過ごしていた)でしたら、素直に読めなかったと思います。
ブログ

不登校カウンセラーである私が娘の不登校で気づいた、たったひとつの解決策

娘は3学期になって、ほとんど学校に行かなくなりました。「私はあなたの期待に沿うためにこの世にいるのではない。」先に心を閉ざしていたのは私の方だったのです。真の不登校解決のために母親ができることとは?
ブログ

【不登校解決策】本当に、見守るだけでいいの?

不登校の解決策として、「今はとにかく見守りましょう」って…本当に見守るだけでいいの?いつまで見守ればいいの?見守るだけで本当に解決するの?一方では「【見守る】は不登校を長期化させるだけ」といった言葉も見受けられ、親としては「どっちが正解なの!?」と悩んでしまいますよね。
ブログ

【不登校小学生の母親】仕事やめるべき?続けるべき?

お子さんが不登校になると、母親としては仕事をやめて子どもに寄り添った方がいいのか、迷う事も出てくると思います。だけど、本当の気持ちを無理に押さえつけて、せっかくこれまで築いてきたキャリアを捨てて、四六時中家にこもるストレスは簡単なものではありません。
ブログ

不登校母親の孤独 【母親失格の烙印が怖い】

母親失格の烙印が怖い!子どもが不登校になると、世間は母親だけを容赦なく裁きます。「お母さん、甘やかしすぎじゃない?」「お母さん、愛情不足じゃない?」しかし、そうやって裁く人たちに一体何がわかるというのでしょう?【不登校の母親】の孤独。
ブログ

「窓ぎわのトットちゃん」が時を超えて読み継がれる理由

「窓ぎわのトットちゃん」。トモエ学園からは「徹子の部屋」でおなじみの黒柳徹子さんや、世界的物理学者の山内泰二さんをはじめ、各方面で活躍する人たちが巣立っていきました。40年の歳月を経てなお色あせないこの名作には、子育てと幸せに生きるヒントが、ぎっしりつまっています。
ブログ

不登校は甘えなの?

不登校は甘えでもわがままでもありません。子供は子どもなりに、ストレスにさらされ、限界まで耐えた結果なのです。対応としては、お子さんが「学校に行きたくない」と意思表示をできたら、「正直に言ってくれてありがとう」とまずは受けとめてあげてください。
ブログ

【不登校解決策】母親が変わると子も変わる?

【お母さんが変われば子どもも変わる】私はこの言葉が嫌いでした。我が子が不登校になり、原因も解決策もわからず「私が弱くてダメな人間だから」と自分を責め続ける日々。もう限界まで頑張ってるのに「変わらなけらばいけない」って…自分を否定されたような気持ちになりますよね。
ブログ

「頑張らない子」には、価値がない?

不登校の子は、今はただ一日家でゴロゴロしたり、ゲームしているだけかもしれません。そんな姿に「なまけている」とついイライラしてしまう。私たち親世代は、子供の頃からずっと、親や先生達から「頑張りなさい」と言われ続けてきました。
タイトルとURLをコピーしました