幸せの絶頂から一転・・・双極性障害と診断された30代

30歳の時、アルバイト先の13歳年上の上司と婚約。

優しくて可愛いがってくれて、

「これで私の人生安泰だっ勝ち組の仲間入り🤣💕」と浮かれきっていました。

式場も仮予約した矢先に、妊娠。

彼は一緒に喜んでくれると思ったのもつかの間、事態は暗転します。

彼の母親が、婚姻前の妊娠、という事に激怒。

散々罵声を浴びせた挙句

「どうしても産みたいなら父なし子を産んで下さい」

その母親の横でただ無表情に座っていた彼。

「結婚急ぎたくて、(計画的に)妊娠したの?」と言い放った私の母。

「そんな孫、俺たちは可愛がらないからな」と言い放った私の父。

誰ひとり味方になってくれる人もなく、赤ちゃんを中絶しました。 

「ごめんね。今度生まれてきたら、優しいパパのそばできっと幸せにしてあげる。」

全ては私の弱さが招いた結末だった、と今ならば言い切れますが、当時は、味方になってくれなかった両親への恨み、そして私を捨てた男性への憎みながらなお断ち切れない想いに苦しんでいました。

忘れなければ。こんな事で断じて不幸になってたまるもんか。 

そう誓って、NYへのプチ留学やドイツ単独縦断旅行、

車椅子バスケ大会ボランティア、青年会議所活動と、積極的に動き回りました。

ある日突然、電池が切れたように起き上がれなくなりました。

心療内科で下った診断は「双極性障害(躁うつ病)」。

忘れたい一心で、自分を何度も何度も鞭でぶって必死に走り続けた結果が、これでした。

抗うつ剤と気分安定剤を処方されたけれど、副作用のひどい便秘に苦しむあまり

「自己判断で薬を中断する→再発する→先生に怒られる→しぶしぶ薬を飲む→嫌で嫌でまた勝手にやめる→また再発する」の地獄のループを何度も何度も繰り返しました。

次へ⇒「38歳で出産・・・」今度は?

タイトルとURLをコピーしました