ブログ

ブログ

子どもがゲームにハマる理由。

不登校っ子のゲーム依存対策として「好きなだけやらせておいて大丈夫です。放っておいても自然と飽きる時がきますから。」とお伝えしています。それでもやめさせたいのならば、ゲームに替わる「心のよりどころ」を見つけるためのサポートが必要です。
ブログ

「置かれた場所で咲きなさい」この言葉が嫌いだった理由。

『この子は私だったら育てられると思って、神がお預けになったのだ』一児の母となった今読み返すと、心に沁みわたる言葉の数々ですが、15年前の私(婚約破断の末に妊娠中絶し荒んだ心で日々を過ごしていた)でしたら、素直に読めなかったと思います。
ブログ

「窓ぎわのトットちゃん」が時を超えて読み継がれる理由

今から40年ほど前に空前のベストセラーとなった、「窓ぎわのトットちゃん(黒柳徹子 著)」。 40年の歳月を経てなお、色あせないこの名作には、子育てのヒントだけでなく幸せに生きるヒントが、ぎっしりつまっています。
ブログ

不登校YouTuber「ゆたぼん」をめぐる騒動について

不登校YouTuberゆたぼんさんの「中学校にも行きません!」宣言をめぐる議論を通じて、我が子の幸せのために親としてやるべき事は何なのか、本物の自由な生き方とは何なのか、学歴にかかわらず、知性を感じさせる人とそうでない人の違いについて、綴っています。
ブログ

我が子が不登校に!「母親失格」の烙印がこわい

子どもが不登校になると、世間は母親だけを容赦なく裁きます。「お母さん、甘やかしすぎじゃない?」「お母さん、愛情不足じゃない?」しかし、そうやって「裁く」人たちに何がわかるというのでしょう?どうぞそんなダメ出しは、ニッコリ笑ってスルーしてください。
ブログ

子どもが不登校に|仕事を辞める?辞めない?

子供が不登校になると、母親としては仕事を辞めて我が子に寄り添ってあげた方がいいのか迷う事も出てくると思いますが「お母さんが仕事を辞めてつきっきりになる」が唯一の選択でないことだけは、明らかです。大切なのは子どもとお母さん自身の気持ちです。
ブログ

不登校は甘えなの?

不登校は甘えでも何でもありません。子どもは子どもなりに、ストレスにさらされ、限界まで耐えた結果なのです。だから、お子さんが「学校に行きたくない」と意思表示をできたら、「正直に言ってくれてありがとう」とまずは受けとめてあげてください。
ブログ

いじめで不登校に:キミは100%悪くない!

近年ではいじめの低年齢化が問題になっていますが、小学2年生がいじめのピークだという文科省の調査に衝撃をうけました。仲間外れや集団で無視したりする(でも先生や大人の前では仲良くふるまっている)等、大人が気づかないくらい陰湿ないじめが増えているようです。
ブログ

不登校へのダメ出し、マジうざい。

この記事は、こんなあなたに向けて書いています。「子どもが学校へ行かない事に、夫・実母・義母・ママ友等からダメ出しされてへこみまくり・・・。」「(面と向かっては言えないけど)正直マジうざい!大きなお世話だ!!」人の気も知らないで、言ってくれるよね。
ブログ

「学校行きたくない」という朝は・・・。

この記事は、こんなあなたに向けて書かれています。「子どもが朝なかなか学校に行きたがらない。」「完全な不登校になったらおしまいだ。」「将来社会で生きていくためにも何としても学校だけは行かせなくては、と思う。」そんなあなたの心の処方箋です。
タイトルとURLをコピーしました