38歳で出産・・・今度は産後うつに

37歳でやっとめぐりあえた今の夫と結婚。

そして38歳で、待望の赤ちゃんを授かりました。

「奥さん&ママになりたい」という長年の悲願が叶い、当初は幸せの絶頂♡でした。

だけど、夫は仕事で夜遅く、ずっと家に閉じ込められて、赤ちゃんとふたりぼっち。

24時間つぶらな瞳に監視されてる息苦しさ。

夫に「たまには育児を替わって」と懇願しても、「仕事で疲れてる」の一点張りで、

言い合いの果てに「誰のおかげで食べられてるんだ?気にくわねぇなら出ていけ!」と恫喝されました。

泣き止まないわが子に「うるさい!」と怒鳴って、泣かせてしまうのをやめられなくて・・・。

こんなに可愛くて可愛くてたまらないのに・・・。

誰にも会わないからお化粧もせず、何日も洗濯してない同じ服を着て、

子どもが眠ったわずかな隙にコンビニに走って、週刊誌をむさぼるように立ち読みして、

買いあさったポテチやチョコやシュークリームを食べつくす事だけが、生きがいでした。

独身の頃かかっていた心療内科を再び受診するも、ただ同じ薬を機械的に処方されるだけ。

私の病気は一体何なのか?そもそも私は病人なのか?

と尋ねても「詳しいことはインターネットで調べてみて。」

カウンセリングを求めても、ただ機械的に「樹の絵を描いてみて(※見よう見まねの心理検査だったのだと思います)。」

「お願いだから、5分でいいから、私の目を見て話を聞いて。」

傍目には「可愛い赤ちゃんを授かった幸せなママ」だったかもしれません。

でも、私のこころは悲鳴をあげて、再び壊れかけていました。

藁にもすがる思いで、娘が2歳の誕生日を迎えるのを待たず、幼稚園のプレ保育に入れました。

初めて登園した日「ママ、ママ」と泣きじゃくる娘を振り切って飛び出した瞬間、私も泣きました。

幼稚園バスから降りるなり私の胸に飛び込んでくる娘を抱きしめ、小さな手をつないで帰った毎日。

年中さんまでおむつがはずれなくて「一生おむつのままなんじゃないか?」と本気で心配したこと。

PTA役員になったものの、”ママ友グループ”の空気が読めず、クビになったこと(^^;)。

「行きたくない」と泣きじゃくる娘を、ただ抱きしめることしかできなかったこと。

幼稚園には5年間お世話になりました。子育ての不安も喜びもぎゅっと詰まった、一番幸せな5年間でした。

プロフィールトップへ⇒

タイトルとURLをコピーしました