不登校、本気で解決したいと思ってる?

ブログ

「不登校 解決」というキーワードで検索をすると、「不登校解決のためには親が主導権を握ること」「甘やかし過ぎるといつまでも不登校のまま。親は毅然とした態度を取るべき」「不登校の原因は親の愛情不足」といった言葉が躍っています。

しかし、我が子が不登校になって悩んでいるお母さんたちは、

「私なりに子どものことを精一杯愛してきたのに・・・」

「子どもの事は甘やかさず、人として大切なことはちゃんと教えてきたつもりだけど・・・」

「やっぱり私の育て方が悪かったのだろうか・・・」と、真剣に悩んでいるのです。

どうぞ、あなたを安易に裁く世間の声に負けないでください。

断言します。

不登校は、お母さんの育て方とは関係ありません。

だけど、お母さんが良い方向へ変われば、それはお子さんにも好影響を与え、不登校解決へつながっていくというケースを、数多く見てきました。

お母さんであるあなた自身、今、心にゆとりはありますか?

夫とちゃんと話しあえていますか?

何もかもひとりで抱え込んで、無理して泣きそうで限界じゃありませんか?

子どもは、口ではどんなに「うるせえ!クソババア!!」とか言っていても、母親であるあなたが思っている以上に、お母さんのことを心配しています。

子どもって、やさしいから、もしかしたらお母さんのことが心配で、お母さんのそばにいたくて、学校に行けないのかもしれません。


子どもの不登校を本気で解決したいと願うならば。

まずは今の子どもの状態をありのまま受け入れてみてください。

「子どもを受け入れる」=あなた自身の気持ちもありのまま受け入れるということです。

自分の中で、こんなことじゃダメだと思っていることはありませんか?


「自分の子どもなのにまともに育てることもできない・・・」

「部屋はぐちゃぐちゃ、片付けもまともにできない・・・」

「他のお母さんは外でバリバリ仕事しているのに私にはできない・・・」

「私って、母親としても人間としてもダメだな・・」

それでいいじゃないですか。

そんな自分をまるごと受け入れてみてください。

それができれば、気持ちが楽になって、子どもの事も受け入れられるようになりますよ。

子どもを信じて。

自分も信じて。

ホームページTOPへ

タイトルとURLをコピーしました