我が子が不登校に!「母親失格」の烙印がこわい

ブログ

『子どもが不登校になった事を、両親・親戚・近所の人には言えない。』

『「母親が甘やかしたからダメな子になってしまった」と責められるのが嫌で・・・』

【母親失格】という烙印。

不登校になってしまった我が子の心配より、自分が世間からどう思われるかを気にするなんて!とあきれるかもしれませんが、それは当事者でない人の感想であって、お母さんたちの悩みは切実です。

それだけお母さんたちは日々、世間からのプレッシャーと戦いながら、子どもを育てています。

今の世の中、「賢い子に育てる母親は、ここが違う!」といったキャッチフレーズの本や記事がちまたに溢れています。

「学歴と生涯収入には比例関係がある」というデータも存在するようですので、その流れを全面否定はしません。~勉強して学歴を積んだ方が、将来の高収入(ひいては人生における幸福)を得られる可能性がある:学校での勉強を通じて得た知識や問題解決能力等の考える力、そして学校生活で培った人間関係は、子どもの人生を豊かにしてくれる~そう思えばこそ、皆、必死になるのだと思います。

一方で、「勉強よりもスポーツや友達と楽しく遊ぶ事に費やす子ども時代であってほしい。子どもはのびのび育てるのが一番!」という信念のお母さんもいます。

いずれにせよ、「我が子には幸せな人生を歩んでほしい」という思いは同じです。

だからこそ、不登校によって、大切な我が子がその「幸せへのレール」を踏み外すショックは、はかりしれません。

そして追い打ちをかけるように、世間は母親を裁きます。容赦なく。

ざっくり言えばこの二者択一で(笑ってしまうくらい、この二つに一つです。真実はそんな単純じゃないにもかかわらず)。

①「お母さん、甘やかしすぎじゃない?」

②「お母さん、愛情不足じゃない?(厳しすぎじゃない?)」

しかし、そうやって「裁く」人たちに、何がわかるというのでしょう?

どうぞ、ウザいダメ出しは、ニッコリ笑ってスルーしてください(ガン無視でいいです)。

今のあなたにできる事は、ただ一つ。

どうぞ、我が子を信じて。

お母さんが何があっても味方でいる事で、子どもはやがて自分で自分の道(レール)を見つけていきます。

ウザい「母親失格という烙印」を勝手に押しちゃってるのは案外、世間ではなく

あなたの心かもしれませんよ。

そして「烙印」から自由になるのも、あなたの心ひとつです(^^)

タイトルとURLをコピーしました